格安SIMの通話トラブル その1

iPhoneに変えてから、電話機能がほとんど必要なくなりました

10年以上、ドコモとソフトバンクの大手キャリアで携帯を契約していました。
iPhoneに変えてから、FaceTimeやLINEが使えるので電話機能がほとんど必要なくなり格安SIMに変えました。

航空券の発券でトラブルが発生

航空会社に電話をかける必要があったのですが、格安SIMではフリーコールがかけられないので有料ダイヤルでかけることに。

何度かけても、「この通話は品質応対の」と長い前置きがあり、その後も長い間順番待ちをする必要がありました。
こうなると電話料金が心配になるのですが、いったん切ってしまうとまた最初から案内を聞くことになるので切れません。

格安SIMに変更したらフリーダイヤルがつながらない

「一体、いくらの通話料になるのだろう」と思い始めたのですが、航空券も高額なのでそのまま待ち続けました。結局、繋がるまで1時間以上はかかったと思います。

その後、オペレーターとの会話も長くなり、その月の通話料は以前の大手キャリアの通話料金と変わらなくなりました。
その後も、引っ越しをしたこともあり、必要以上に電話を使うことが多い日々が続きました。

電話は相手からかけてもらうこと

格安SIMに変更したらフリーダイヤルがつながらないことを常に念頭に置いておく必要があります。
可能な限り、問い合わせはメールで事前にやり取りをしておくことをお勧めします。
ケチな話ですが、電話は相手からかけてもらうようになりました。

家族でスマホを持つなら

格安SIMは家族で使うときも全員が同じ会社にする必要があります。

子供が小さいので携帯はまだ必要ないと思っていたのですが、最近は犯罪も多いためか、小学校低学年から携帯をGPS代わりに持っている子が多いです。
また、塾やお稽古事の終わる時間に携帯で連絡を取り合う必要もあります。我が子もその必要性が出てきたのですが、格安SIMではキッズ携帯の取り扱いがほとんどありません。

私が契約した会社もガラケーの取り扱いはありませんでした。
小学校の低学年からスマホを持たせることが逆に犯罪に巻き込まれそうで、なんのために格安SIMに乗り換えたのかを悔やみました。

お子さんがいる家庭はこのことを事前に調べてください。


auからMNPでmineoに切り替え

auを解約してmineoにMNPする手順を網羅。解約月の料金の払い過ぎが起きない手続き方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です