MNPの費用ってどれぐらい高いの?

auからMNPする手数料はいくらかかる?

auからmineo等へのMVNOに乗り換える際に、MNPの手続きをすれば現在使っている電話番号をそのまま利用することができます。MNPの手続きをせずに新規契約という形で格安SIMに乗り換えると、電話番号が変更になったという連絡をしなければならないなどのデメリットがあるので、多くの方がMNPを利用しています。
auからMNPする際には3,000円(税別)の手数料が発生しますが、これはauに支払う手数料です。
転出先のMVNOではMNPの手数料としての特別な料金は発生せず、一律の事務手数料が発生します。

MNPの手数料は高い?

auからMNPの予約番号を発行してもらう際に3,000円(税別)の手数料が発生しますが、これは高いのでしょうか?
まず、キャリア同士のMNP予約番号の発行手数料を比較すると、ソフトバンクもドコモも3,000円(税別)で手数料に違いはありません。
MVNOに乗り換えることによって、月々の通信費を3,000円以上節約することができます。このことを考えれば、MNPの際にかかる3,000円の手数料は1ヵ月で元が取れてしまうので、MNPの手数料は高いとは言えないと思われます。

MNPの手数料はいつ支払う?

MNPの際に発生する手数料の3,000円(税別)ですが、いつ支払えば良いのでしょうか?
ネットやショップの窓口など、MNPの申し込みをする方法はいくつかありますが、MNPの手数料は次回の携帯電話料金の引き落としの際に同時に引き落とされます。
auショップでMNPの手続きをする際に、たまたま持ち合わせがなかったとしても手数料の支払いをその場でする必要はありませんので、いつでも気軽に手続きをすることができます。
皆さんも、月々の通信費を節約できるMVNOへのMNP転出を検討してみてくださいね。

MNPするときの費用も最大16,000円節約できます。


auからMNPでmineoに切り替え

auを解約してmineoにMNPする手順を網羅。解約月の料金の払い過ぎが起きない手続き方法とは?