mineo版MNPとau解約ををキャンセルする方法

auを解約し、mineoへMNP転入手続きを月末に予定していたけど月末に切り替えられず翌月1日扱いでmineo転入と同時にau解約となるケースがあります。

例えば、3月31日付でauからmineoへ切り替え手続き予定で、切り替えの受付が21時までとは知らず過ぎてしまいました、というケースです。
このままだと1日でau解約&mineoへMNP切り替えとなり、auは日割りなしなので4月分の利用料が全額かかります。
さらに、更新月が3月までだと4月au解約となり、2年縛りの解約金も発生します。

4月も更新月なら、4月末にauを解約してmineoへMNP切り替えする。これが理想です。

一方で更新月が3月までだと、もうそのままauを解約せずに使い続けようか。そう思ってしまいますよね。

しかし、更新月を越えて2年縛りが更新されても、できるだけ早くauを解約してmineoにMNP切り替えすることを強くオススメします。
解約金が発生するのは分かった上で、それでも音聞雨になるご提案です。
それと単純に25ヶ月目からは月額料金が高くなります。

で、そのまえにmineoの切り替えとauの解約をキャンセルできるか、ですね。
結論から言うと、mineoに切り替える前ならすんなりauに戻れます。

mineoの切り替えは2パターンあり、どちらもキャンセル不可です。

  • mineoのマイページからMNP編入手続き
  • MNP転入期限の前日(MNP予約番号の発行日を含めて14日後)に自動切り替え

つまり、MNP予約番号を取ってから13日以内か、mineoのマイページでMNP編入手続きをしていなければ、MNPのキャンセルができます。

キャンセル方法はカンタン

mineoへ電話すればオペレーターが手続きを進めてくれます。

ただし、受付時間が20時までなので、余裕を持って19時30分ぐらいには電話ししたほうが時間切れを喰らわずにすむかもしれません。

auの解約キャンセル手続きは不要です。MNP予約番号は勝手に無効になるので放置で構いません。

au解約・mineo切り替えキャンセルに関わる費用は、mineoのSIM発行手数料(初期費用ですね)のみ発生です。

再度発行するか、MNP予約番号の有効期限をリセットするか

MNP予約番号を再取得すると番号が変わります。
ですが、MNP予約番号の有効期限をリセットすれば、番号はそのままで有効期限が15日に戻ります。
戻せるのは、mineoでMNP切り替え手続きをするまで、ということになります。

auの連絡先はこちら

[au携帯電話・一般電話共通] 0077-75470(無料)
[受付時間] 9:00-20:00

再度au解約&mineo手続きする場合は、auのMNP予約番号を再度取得するかMNP予約番号の有効期限を延長し、mineoに申し込めばOKです。
eoIDは最初の手続きで取ってあるので、それを使いましょう。

auの解約は放置で良いのですが、契約プランに変更が無いかは必ず確認しておきましょう。
というのも、キャンセルのタイミングではauの契約プランが変わってしまうこともあるようです。

契約者の了承無しには勝手に変更できないので、大丈夫とは思いますが念のため。

ただ、こういう自体になる前に、ある程度余裕を持ってau解約&mineoへのMNP切り替え手続きを進めましょう。


auからMNPでmineoに切り替え

auを解約してmineoにMNPする手順を網羅。解約月の料金の払い過ぎが起きない手続き方法とは?