格安SIMから転出して大手キャリアに出戻ったその後

格安SIMは通話料金が高かった

毎月の通信料金を節約できると聞いて喜んで格安SIMに乗り換えた私ですが、使い始めて色々と不便なことに気がつきました。

まず、電車での移動中など、少し電波が弱いのかなと思う場所に行くと通信が途切れることが頻繁にありました。
友達と連絡を取っているときに電話が通じなくなると相手から心配されてしまいますし、そんな携帯電話を使っていると思われるのが嫌で格安SIMを解約しようと思いました。

他には、格安SIMはインターネットなどのデータ通信の料金に関しては確かに大手キャリアと比べると安いのですが、通話料金は大手キャリアのプランと比べると割高になっています。
私はインターネットだけではなく通話もよく利用するので、結局は通話料金のことを考えると高くなってしまうこともありました。

格安SIM転出時の手続きはカンタンだけど解約費用が高かった

そこで、私は格安SIMを解約する手続きをしようと思ったのですが、手続き自体はそれほど難しくありませんでした。

格安SIMのカスタマーセンターに連絡するとMNPの予約番号を取得する手続きをしてくれましたので、その番号を持って大手キャリアのショップに行きました。
本人確認の書類とキャッシュカード、そしてMNPの予約番号を取得済みということをスタッフに伝えると、後は初めて大手キャリアと契約した時と同じような手続きでスムーズに格安SIMを解約し、大手キャリアに戻ることができました。

この時にかかった費用ですが、MNP予約番号取得の手数料が3000円、格安SIMの契約解除料が9500円、大手キャリアと新規契約する事務手数料が3000円で合計すると15500円かかってしまいました。ですが、格安SIMをこれ以上使い続けることを思うと払ってよかったと思います。

転出して大手キャリアに戻して実感した、本体が故障したときのサポートが厚い

大手キャリアに戻ってから最初に感じたことは、通信速度が格安SIMと比べると段違いに速くなったということでした。
格安SIMの回線は大手キャリアが使わなくなった回線を借りて使っているらしいので、大手キャリアの回線の方が速いのは当たり前のことかもしれませんね。
これだけでも、大手キャリアに戻してよかったと思いました。

他にも、大手キャリアでは格安SIMにはないサービスを受けられるのも魅力的ですね。
例えば、本体が故障したときに受けられる交換サービスでも、大手キャリアでは故障の理由によっては無料で新品に交換してくれることがあります。
一方、格安SIMでは交換に数千円のお金がかかるそうです。

せっかく通信料金が安くても、こういうお金はかかってしまうんですね。
こういうサービスが受けられるという点でも、私は大手キャリアに戻してよかったと思いました。


auからMNPでmineoに切り替え

auを解約してmineoにMNPする手順を網羅。解約月の料金の払い過ぎが起きない手続き方法とは?