auお客様サポートで分かる、解約に関するこの2つの情報は必読!

auの解約時期を決めるのに決定的な情報とは、ズバリ2年縛りの更新期間ですね。
更新月という言い方が一般的なのは、これが1ヶ月だったのが2ヶ月に伸びたため。
つまり、この2ヶ月間でauを解約しても2年縛りの解約金(違約金とも言いますね)は発生しません。

2年縛りのスタートがイコール、端末を購入した月とは限らない

多くの方が誤解しています。
2年縛りの契約は、購入(分割)した端末ではなく、誰でも割の別名と言ってもいいでしょう。
つまり、「誰でも割という契約名で、月額料金を安くしましょう」というものです。

正確に言うと、誰でも割の割引の対象は、分割購入した端末の月々の分割代金を割引します、というものです。

そもそも、なぜ2年縛りが出てきたのか?

これは、ずばり端末代が高くなり、買い替えを控えてしまう動きに対応したもの。
つまり、「端末代金をキャリが負担するから最新機種に買い替えましょうよ、その代わり長期で契約してね」というプランです。

2年縛りの更新月を確認できるのが、auお客様サポート

話を元に戻すと、つまり今月が2年縛りの何ヶ月目なのか把握するのが難しいということです。
そこで出てくるのが、auお客様サポートということです。
auお客様サポートのスマホ版のアプリが「My au」なので、ここではMy au を使った2年縛りの更新月の確認方法を見ていきます。

My auアプリを起動します。
アプリ画面最下部の「ご契約内容」→ ご利用中のサービスをタップ、「スマートフォン携帯電話」→「料金プラン・割引・オプションの確認・変更」をタップします。

PCやスマホからでもau公式サイトから確認できます。

ガラケーのEZwebからは、トップメニュー→「auお客さまサポート」選択→「ご契約内容確認」を選択。
その中のご契約情報選択すると「誰でも割り」の更新月が表示されます。

auから転出で必要なMNP予約番号を取る際にかける電話番号でも、更新月まであと何ヶ月あるか確認できます。
0077-75470 のMNP予約番号の受付ダイヤルがお手軽です。
「○月にMNP転出した場合、発生する費用を教えて下さい。」と問い合わせてみて下さい。
電話をすると暗証番号の入力が求められます。が、これは間違ってもサポートにつながります。
で、正しい暗証番号を入力できても、本人確認(生年月日や住所の確認)が入ります。

さらに、My au で確認したい「保有ポイント」

「au ID ポイント情報」ページにau IDでログインすると、すぐにau WALLETポイントが確認できます。
auを解約するならポイントの使いみちに頭を悩ます人も多いかと思います。
そこでオススメなのが、Amazonのクーポンに変えてしまうことです。Amazonのクーポンは1円単位で購入できるので、半端なポイントまでキレイに使い切ることができます。
Amazonクーポンを購入する際にauウォレットで決済すれば、全額換金できます。

更新月が何ヶ月まで先だと、auのままのほうがお得か?

以上、更新月とauポイントを確認した上で、解約時期を決めるといいですね。

更新月を確認して、3ヶ月以上先だとauを解約してmineoなどの格安SIMへ切り替えたほうが、金額的にお得です。
2ヶ月以内だと、解約金や手続き費用を考えると更新月まで待ったほうがお得です。

mineo公式ホームページの”料金シミュレーター”や”乗り換えタイミング診断”で、今月mineoに切り替えたらどれだけお得(損する)かが一発で分かります。


auからMNPでmineoに切り替え

auを解約してmineoにMNPする手順を網羅。解約月の料金の払い過ぎが起きない手続き方法とは?